Skip to main content

ダイエットするなら骨盤は大切

こんにちは♡紬です。

今日は、骨盤について書いてみますね。

骨盤ダイエットって一時期流行りましたよね。
骨盤矯正ヨガなども女性に人気があります。

骨盤ダイエットや骨盤矯正ヨガを行う前に
骨盤の基本的な仕組みを理解していたほうが
効果的なダイエットを行えると思います。

骨盤とは

骨盤は、3つの骨(仙骨と2枚の腸骨)で構成されています。
骨盤の中には、膀胱、直腸、子宮などが入っています。

仙骨は、2枚の腸骨の中央にあり、腸骨を結合している部分です。
腸骨は左右に2枚あり、お尻の立体感を形作る骨です。
尾骨は仙骨の下の部分、しっぽに相当する部分です。
恥骨は腸骨の前側を結合している小さな骨です。

骨盤の開閉

皆さんは骨盤が自然に動くということを知っていますか?
骨盤は、いろんな周期でリズミカルに開閉します。
全身の骨もそれに連動して動くんです。

骨盤が閉まるとは

腸骨が背中側に持ち上がり、骨盤が狭くなります。
背骨がS字カーブを描き仙骨が後ろに張り出します。

(良い面)
骨盤が閉まっている時は、お尻もおっぱいも
締まって小ぶりな感じ。
すらりとした脚にすっきりとした太もも。

(悪い面)
骨盤が閉まりすぎると、常に体が緊張して
熟睡できない、イライラしたり、ギスギスしたり
体のあちこちに支障が出てきます。

骨盤が開くとは

腸骨が下垂し、恥骨結合が前に出て、骨盤が広くなります。
内臓が緩み、背骨のカーブが緩やかになります。
お尻もぺったんこ、瞼も下がってきて眠くなります。

(良い面)
体も心もリラックスして、短時間でも深く熟睡できる。

(悪い面)
骨盤が開いている時は、全体的に体が緩む感じ。
下半身がぽっちゃり傾向になり、胸も大きく張ってきます

骨盤の1日の周期

骨盤は、朝は閉まり、夜は開きます。

朝は骨盤が最も閉じている時間です。
骨盤が閉まると仙骨と尾骨が後ろに反り上がるので
仰向けに寝ていられなくなり、目覚めます。

そこから12時間かけて、骨盤は徐々に開いていきます。
夜になるにつれて仙骨と尾骨が下がり、眠くなります。

骨盤の1か月の周期

閉まった後に、排卵。開いた後に、生理。

2週間かけて徐々に閉まり、頂点に達すると排卵を迎えます。
その後、2週間かけて徐々に開き、頂点に達すると生理がきます。

つまり、体は排卵して骨盤が開き、赤ちゃんのベッドの用意をし、
骨盤が閉まるときに子宮の中から生理が下に押し出されるというわけ。

骨盤の閉まりすぎはNG

巷では、骨盤は閉まると痩せると言いますが、閉まりっぱなしはNG!

骨盤が閉まりすぎると、仙骨と尾骨が後ろに飛び出して
寝ていられない、熟睡できないなどの症状が出ます。

それに体が緊張している状態が続くので、イライラしやすくなります。

妊婦さんの骨盤

妊娠中は骨盤がドンドン開きます。骨盤を閉めると、骨盤の内部に
ある赤ちゃんが外に排出される危険性があります。

妊婦さんは安易な自己判断はせず、運動は主治医に相談してくださいね。

骨盤による排便の仕組み

骨盤を閉める運動は便秘解消に効果的!

夜に骨盤が開いた状態で、食べた物や飲んだものが
膀胱や直腸に降りてきます。

骨盤が受け皿になっている状態ですね。

朝が来て骨盤が閉まり、閉まるときに中のものが
排泄物として下に押し出されます。

理想の骨盤の状態

骨盤は開きっぱなし、閉じっぱなしはダメ。
左右どちらかに歪んでいてもダメ。

骨盤は開閉がスムーズに行われていて、左右の骨盤が均等で
歪んでいないことが大切です。

開いたり閉じたりすることで、体のバランスが整います。

体は使わない、動かさない側にぜい肉がつくという鉄則
があり、動かさないから体が硬くなります。

股関節の動きを柔軟にすることが大切。
股関節の動きがスムーズならば足にぜい肉がつきにくくなります。