Skip to main content

ダイエットするなら骨盤は大切

こんにちは♡紬です。

今日は、骨盤について書いてみますね。

骨盤ダイエットって一時期流行りましたよね。
骨盤矯正ヨガなども女性に人気があります。

骨盤ダイエットや骨盤矯正ヨガを行う前に
骨盤の基本的な仕組みを理解していたほうが
効果的なダイエットを行えると思います。

骨盤とは

骨盤は、3つの骨(仙骨と2枚の腸骨)で構成されています。
骨盤の中には、膀胱、直腸、子宮などが入っています。

仙骨は、2枚の腸骨の中央にあり、腸骨を結合している部分です。
腸骨は左右に2枚あり、お尻の立体感を形作る骨です。
尾骨は仙骨の下の部分、しっぽに相当する部分です。
恥骨は腸骨の前側を結合している小さな骨です。

骨盤の開閉

皆さんは骨盤が自然に動くということを知っていますか?
骨盤は、いろんな周期でリズミカルに開閉します。
全身の骨もそれに連動して動くんです。

骨盤が閉まるとは

腸骨が背中側に持ち上がり、骨盤が狭くなります。
背骨がS字カーブを描き仙骨が後ろに張り出します。

(良い面)
骨盤が閉まっている時は、お尻もおっぱいも
締まって小ぶりな感じ。
すらりとした脚にすっきりとした太もも。

(悪い面)
骨盤が閉まりすぎると、常に体が緊張して
熟睡できない、イライラしたり、ギスギスしたり
体のあちこちに支障が出てきます。

骨盤が開くとは

腸骨が下垂し、恥骨結合が前に出て、骨盤が広くなります。
内臓が緩み、背骨のカーブが緩やかになります。
お尻もぺったんこ、瞼も下がってきて眠くなります。

(良い面)
体も心もリラックスして、短時間でも深く熟睡できる。

(悪い面)
骨盤が開いている時は、全体的に体が緩む感じ。
下半身がぽっちゃり傾向になり、胸も大きく張ってきます

骨盤の1日の周期

骨盤は、朝は閉まり、夜は開きます。

朝は骨盤が最も閉じている時間です。
骨盤が閉まると仙骨と尾骨が後ろに反り上がるので
仰向けに寝ていられなくなり、目覚めます。

そこから12時間かけて、骨盤は徐々に開いていきます。
夜になるにつれて仙骨と尾骨が下がり、眠くなります。

骨盤の1か月の周期

閉まった後に、排卵。開いた後に、生理。

2週間かけて徐々に閉まり、頂点に達すると排卵を迎えます。
その後、2週間かけて徐々に開き、頂点に達すると生理がきます。

つまり、体は排卵して骨盤が開き、赤ちゃんのベッドの用意をし、
骨盤が閉まるときに子宮の中から生理が下に押し出されるというわけ。

骨盤の閉まりすぎはNG

巷では、骨盤は閉まると痩せると言いますが、閉まりっぱなしはNG!

骨盤が閉まりすぎると、仙骨と尾骨が後ろに飛び出して
寝ていられない、熟睡できないなどの症状が出ます。

それに体が緊張している状態が続くので、イライラしやすくなります。

妊婦さんの骨盤

妊娠中は骨盤がドンドン開きます。骨盤を閉めると、骨盤の内部に
ある赤ちゃんが外に排出される危険性があります。

妊婦さんは安易な自己判断はせず、運動は主治医に相談してくださいね。

骨盤による排便の仕組み

骨盤を閉める運動は便秘解消に効果的!

夜に骨盤が開いた状態で、食べた物や飲んだものが
膀胱や直腸に降りてきます。

骨盤が受け皿になっている状態ですね。

朝が来て骨盤が閉まり、閉まるときに中のものが
排泄物として下に押し出されます。

理想の骨盤の状態

骨盤は開きっぱなし、閉じっぱなしはダメ。
左右どちらかに歪んでいてもダメ。

骨盤は開閉がスムーズに行われていて、左右の骨盤が均等で
歪んでいないことが大切です。

開いたり閉じたりすることで、体のバランスが整います。

体は使わない、動かさない側にぜい肉がつくという鉄則
があり、動かさないから体が硬くなります。

股関節の動きを柔軟にすることが大切。
股関節の動きがスムーズならば足にぜい肉がつきにくくなります。

新型コロナウィルスにかからないために

こんにちは♡紬です。

東京では、新型コロナウィルスの感染者は
3,000人を超え、各都道府県の感染者も
増加の一途をたどっています。

いつ、自分の周囲でコロナウィルスの感染者が
出るか分からない状況で、気を付けたい事を
まとめたいと思います。

ある40代の女性の話なんですが、この方は
生まれてから一度もインフルエンザに
かかったことがなく、家族みんなが
インフルエンザにかかった時もひとりだけ
インフルエンザにかからなかったそうです。

その女性は普段から、
1.手洗い
2.消毒
3.手を洗う前の手で自分の顔を触らない
を徹底して行っていました。

その女性は普段から手洗いをする前に自分の手で
自分の顔を触らない。ということを徹底していたのです。

人は無意識に口や鼻、目を触っているそうです。

オーストラリアの医学部の研究結果で、26人の人
をビデオで録画していたのですが、一人当たり
1時間に平均して23回無意識に顔に触っていたそうです。

さらに、その内の44%に当たる人は口の中、鼻の穴、
目の粘膜など、感染リスクの高い粘膜面を触っていました。

人間の手には、私たちが思っている以上に
ものすごい数の細菌やウィルスが付着しています。

これら細菌が付着した状態の手で顔の目や鼻、
口などの粘膜を触るとウィルスに感染しやすく
とても危険です。

そのため、手洗いが感染予防の観点から
とても大切になってきます。

手洗いのポイント
1.流水を使って手を洗う。
2.中性石鹸を使って泡立てて洗う。

抗菌剤入りの石鹸と普通の固形石鹸とでは、
効果の違いは見られないそうなので、
手洗いは普通の固形石鹸で十分だとのこと。

他の人と、固形石鹸の使いまわしをしても、
流水で洗い流していれば手には細菌やウィルス
は残らないという研究結果があるそうです。

石鹸がなぜ、ウィルス除去に有効なのか
というと、ウィルスの脂質でてきている
部分に石鹸が入り込んで、ウィルスの膜
を壊す性質があるからです。

手を洗った後は、ハンドペーパーで拭くのが
一番良いそうです。

温風ドライヤーなどはウィルスを周囲に
まき散らすので使わないことが推薦されます。

さらに、普段自分が触れるもの、例えば携帯などは
こまめに除菌することが大切。

一般的な風邪のウィルスの場合、アルコール濃度は
65%~80%で十分効果があるそうです。

ヨガとは何か?

こんにちは♡紬です。

今日は、ヨガとは何か?
について考えましょうね。

ヨガと言うと、皆さんが思い浮かべるのは
インドの仙人のような風貌をした人が

アクロバティックなポーズをする光景を
思い浮かべるかも知れません。

日本では、ヨガと言うとポーズが有名ですが

ポーズは、ヨガの最終段階である、瞑想を
深めるために行います。

ちなみにポーズはヨガ用語では、アーサナ
と呼びますよ。

古典ヨガでは、アーサナとは坐法のことです。

アーサナが体系化されたのは、16~17世紀のこと。

『ハタヨーガプラディピカー』という
ヨガの経典の中に、84種類のアーサナが紹介されています。

現代では、アーサナの数は何万種類もある
と言われています。

アーサナは、ストレッチとは違います。

ヨガを継続して行っていくと、筋肉がつき、
それに伴い、余分な脂肪が落ちてきます。

ヨガはインナーマッスルを鍛えます。
体の内側からボディを引き締めます。

ヨガでは、アーサナは、呼吸法とセットで行います。

ヨガの世界では、呼吸はエネルギーを
体内に取り込むことと考えます。

エネルギーは、『気』とも言い換えられます。
呼吸を通して気の出し入れをして心身を浄化します。

呼吸法をマスターすると、心が穏やかになり
自分を客観的に見ることが出来るようになります。

呼吸により体内に酸素がいきわたり、血液が浄化されます。

アーサナを行うことにより、血行が良くなり、
代謝が良くなります。

心と体はつながっているので、
体が健康になると、心も健康になります。

ここが単なるダイエット法とヨガの違いです。

ヨガの最終目標は、悟りを開くことです。
その為に、瞑想を行います。

アーサナや呼吸法を行う目的は、瞑想に
入りやすくする為です。

『悟りを開く』というと何だか難しいですが、
本来の自分に戻ると考えてもいいかも知れません。

ヨガにはサンスクリット語で『つなぐ』
という意味があり、心と体と魂(真我)を
一体化することを目指しています。

真我とは、自分の中にある普遍的な本当の自分です。

ヨガは、呼吸法やアーサナ、瞑想、ヨガ哲学などで
経験を積み、真我にたどり着きます。

悟りに至るまでの過程で、心や体のバランスが整い、
健康になったり、望みが叶ったりする人もいます。

紬のヨガでダイエット

はじめまして♡紬です。

「ダイエットしたいけど方法が分からない」
「年がら年中ダイエットしてるけどやせない」
「痩せたのに、リバウンドしてしまった」
「どうしたら、健康的にやせられるの?」

そんな疑問を持つあなたに向けて
健康と美容によいダイエットの提案です。

このブログでは、きちんとした食生活と
定期的な運動の組み合わせで美しくやせる
方法を書いていきたいと思います。

・満腹になるまで食べてしまう
・糖分や油分を多く含む間食をよく食べる。
・野菜は嫌いなのでほとんど食べない。
・甘いものが大好き。
・味付けは濃いものが好き。
・普段、あまり歩かない。(運動しない)

これに多く当てはまる人は要注意。
メタボリックシンドロームになりやすい人です。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪症候群
のことで、お腹周りに内臓脂肪が多くついた状態で

なおかつ高血圧、脂質異常、高血糖などの症状が
あることを言います。

メタボリックシンドロームの主な原因は、
運動不足と脂質や糖質の摂り過ぎです。

これをこのまま放っておくと深刻な病気につながる
可能性があるため、日ごろの生活習慣や食習慣を
見直す努力が大切です。

メタボリックシンドロームの予防のためには
定期的に適度な運動を行い、規則正しい生活
を送ることが大切だとされています。

一時的にやせることよりも、将来ずっと健康で
綺麗でいたいですよね?

このブログでは、運動は主にヨガを行います。
ヨガは、他のエクササイズと違って体の動きが
ゆっくりです。

ですので、年齢や体力差などをあまり気にせず
に運動が出来ます。

ヨガはマット1枚分のスペースがあればどこでも
行うことが出来ます。

特別な道具も必要ない為、思い立ったら
すぐに行えます。

ヨガはインナーマッスルを鍛えるので、筋肉が
ついて基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がると、脂肪の燃焼が促進される
ので、食べても太りにくい体質が目指せます。

内蔵に刺激を与える動きをするので、便秘解消
などの体質改善も期待できます。

ヨガは呼吸法や瞑想法と一緒に行うので、体
だけではなく精神面でも安らぎや穏やかさを
得られます。

ストレスが原因の食べ過ぎは、ヨガを行う
ことで精神面が安定し、解消する場合があります。

紬と一緒に身体と心の両面から
健康で美しい体を目指しませんか?